ブログ

ブログ詳細

今年の診断結果


人生初の物凄く大きな雪だるまを作ったものの、
早々に溶けてちっちゃくなってしまいションボリしている簾のミヤコです。

 

年始早々にあれ?なんだか気分がすぐれない。
と思い、葛根湯を飲んで、母からもらったアリナミン7を飲んで、QPコーワゴールド飲んで、というごまかし方をしていたのですが、体を温めようと入った湯舟でアウト‼
頭はボーっとするは、ダルさは増すわで最低な結果に。
完全に風邪だと思ってドラッグストアーで風邪薬を探すも、何がいいんだかさっぱり。
ウロウロ店内をうろつき、ビタミンドリンク、カップ麺、鼻が詰まるのでブリーズライト、そして初めてのユンケル皇帝液‼を購入。
完全に風邪薬、買ってません。

 

何日間か過ごしたのですが全く改善ならず。
喉が痛くなり、横になると咳で眠れず。不眠状態に・・・。
いよいよ駄目だと思い、お医者さんへ。

 

先生、喉が痛くて、夜咳が出て、眠れないんです…
「じゃ、喉みせてねぇ~」
「ハイ、これね、風邪じゃないです。」
え!?
なんということでしょう!?
風邪ではないと!?
先生ぇ~ホントですか!?
「これはね、アトピー咳嗽(がいそう)です」
アトピーがいそう…?
「カクカクシカジカ…」
ほ~。納得。
アトピー咳嗽(がいそう)とは…
アトピー素因のある人が、痰のからまない咳を1ヶ月以上していたら、「アトピー咳嗽」の可能性があります。
通常、咳は、気道に入ってしまった異物を外に出そうとして起こる体の防御機能で、「咳反射」と呼ばれます。
咳が全く出ないようでは、異物が気道から入ってしまいます。
しかしこの「咳」をする感度が亢進しすぎて、
ちょっとしたことで咳をしてしまうのが、
アトピー咳嗽の症状です。
本来なら咳の必要がない程度の状態でも咳き込むので、
長い咳症状が続いてしまいます。
特徴としては
喘鳴(ゼイゼイ・ヒューヒュー)がない
痰を伴わない咳嗽が8週間以上持続する
今までで、喘鳴、呼吸困難がない
咳は夜から早朝に多い
エアコン・タバコの煙・会話・運動・ストレスなどで咳が出てくる
アトピー素因(血液中の好酸球が多い、IgE値が高い、アトピー性皮膚炎などアレルギーの病気がある)
咳感受性は亢進している(咳をしやすい状態である)
呼吸機能検査(肺活量など)は正常
など。
上記の特徴がある場合、アトピー咳嗽を疑って診断することになります。
だそうです。

 

全くもって風邪薬は効かないらしいです。
酷いと咳で肋骨折れちゃうとか…。

 

2年前に花粉症を発祥
昨年は寒暖差アレルギーと診断
そして今年はアトピーがいそう。
どれもアレルギーです。
処方された薬飲んだら物凄い楽になりました。

 

カラカラした咳で夜寝れずに苦しんでいるのならば、当てはまるのかも‼
今すぐお医者様へ。

 

翌日、相方さんは養命酒を買ってきてくれました(笑)
なんでだろー( *´艸`)

 

 

炭火焼きとり簾

住所 〒124-0013 東京都葛飾区東立石4-55-2
営業時間 17:30~0:30
(22:45お食事ラストオーダー)
※日曜日は17:00~オープン※
定休日 木曜日・その他
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1OpyZzZ
  • facebook
  • twitter
  • mixi